ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


仄かな故障は

季世で表裏し

兵機の警告に

観感し腫れた

 

淋しき大戦は

悼辞を疎植し

精血の提起も

沈降し縛った

 

細かな捕食は

丕績で教示し

敬畏の閉口に

煩渇し枯れた

 

正しき砕屑は

壮美を徒消し

定見の星位も

新刻し契った

 

 

「円き浄化」