ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愚かな本色に

兵機は延焼し

遺利の貧血で

煩喧を呷った

 

詳しき痛罵は

稚拙を寄示し

換位の対極も

抵抗し蹴った

 

仄かな恩賞に

営為は偏食し

悲史の隠見で

暗穴を図った

 

約しき空坐は

機先を治理し

胆気の懐郷も

警告し照った

 

 

「詩想の代償」