ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


網維の森は

円き加飾で

経始せども

未全を着る

 

悲境の島は

戦績さえも

蟠結させて

鳳字を剃る

 

濛気の腰は

軽き魔性で

迷離せども

奇絶を診る

 

私曲の雛は

変成さえも

散見させて

壮美を掘る

 

 

「ラブリー」