ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


容易き汎説は

秘史を馳走し

定見の偏倚で

宝国も点った

 

細かな温床に

英気も検死し

錦衣の意根で

暗穴を騙った

 

果無き嘆羨は

治理を否塞し

併結の恬熙で

投降も誇った

 

愚かな混色に

涇渭も遠離し

陰鬼の奇骨で

関鍵を漁った

 

 

「吝かな閉幕」