ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


等しく至正は

催告を煩渇し

宝前の創傷で

掏児が肥った

 

愚かな行李は

緊結し印刻し

詠唱の顕然も

感移で荒れた

 

親しく丕績は

背向を参看し

壮絶の飽食で

俯視が廃った

 

細かな横死は

隠見し均衡し

慶色の演説も

晏起で枯れた

 

 

琥珀の吐息」