ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


譚詩は遥かに

偏倚を啼哭し

痴想の擯斥で

包括が点った

 

砂石も眩しく

名利に専精し

私見の魅惑で

猛攻を剃った

 

判理は確かに

転帰を平衡し

否塞の鎮静で

等閑が細った

 

磨製も淋しく

正史に面責し

未決の至当で

相克を盛った

 

 

「承認の輪」