ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愚かな橋で

偏信すれば

薄い負物は

本則を煽る

 

混系の珠は

辛い空理で

緊握せども

頓写に罹る

 

遥かな檻で

引決すれば

古い羽片は

暗向を誇る

 

嘆惜の粉は

黒い通史で

転用せども

閑居に隣る

 

 

「グッドバイ」