ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


交点の投棄に

強く空耗して

軽率は近しく

嘆息を齧った

 

片理の印刻で

恩恵が補完し

貧窮を演繹し

暗欝は腫れた

 

凍結の厚意に

黒く通告して

鎮魂は嶮しく

感光を辿った

 

因子の偏向で

宝石が嗚咽し

炎色を禀請し

氾濫は荒れた

 

 

ソラニン