ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


胆は安息し

因子を翔る

黒き応報に

詠嘆せども

 

反転の霜で

採光すれば

古き宣告に

想察を屠る

 

穴は謹慎し

乖離を祈る

多き空説に

啓沃せども

 

神託の花で

必滅すれば

狭き紛乱に

芳香を誹る

 

 

「純血の磔」