ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死活の因子が

朝を催促した

静穏に延期し

応報で誹って

 

星は透析して

正しく外れる

品性の恥骨を

強く封印せど

 

遺恩の心理が

皿を悪用した

円滑に遷移し

相克で興って

 

鳥は奉拝して

烈しく爛れる

沈積の肥満を

深く通徹せど

 

 

ラプチャー