ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


当然の穴が

運命に祟る

強い温血を

甚く沈積し

 

星の降霜は

暗き風骨に

偏愛するぞ

殻を謀って

 

哀咽の虎が

大欲に唸る

重い追伸を

近く引用し

 

駒の宝石は

深き空言に

警告するぞ

花を薫って

 

 

トイピアノ