ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


風見鶏は照り

強く訓導した

綺麗な体温に

鎮圧が嶮しく

 

難解な甘さは

胃液まで煮て

捏造の絵具を

嘔吐する野花

 

鉄格子は刈り

黒く追罰した

多感な金星に

喧騒が近しく

 

安穏な永さは

認知まで凍て

詠物の粘土を

濃化する乙女

 

 

「弱き共犯」