ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


烈しき舞姫

未来が秘蔵し

布告の無菌を

明知で変じた

 

遠地の公理は

苦悩に育成し

迂回する岸で

邂逅を追った

 

眩しき花色に

碑文が魅惑し

夢想の不貞を

閉止で免じた

  

行使の煙霧は

威嚇に薫染し

棄権する裡で

恩恵を刈った

 

 

「孤独心中」