ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


翅は紅葉し

暗く復した

放逸の神を

際に罷免し

 

富が挨拶し

怨言の貞操

種は旺盛で

因子を積る

 

琴は配線し

深く狂った

感性の星を

昼に寄贈し

 

肢が統制し

転倒の永存

音は卓抜で

津波を祈る

 

 

「アート」