ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


無欠な飴は

怨恨で実り

明知の尾を

育成してる

 

不偏の殻が

空説しても

細い均整で

厚遇を省く

 

安易な鞭は

密謀で抉り

重荷の芽を

黙殺してる

 

仮想の冬が

変改しても

聖い包摂で

敗戦を好む

 

 

「落花回廊」