ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鉄の肺臓は

深き嘆息で

遅鈍な火を

方正に摂る

 

綺想曲の舌

淋しい久遠

軽易な生死

推敲を翔る

 

灰の哲学は

高き紛争で

卑屈な血を

特段に彫る

 

色視症の胆

苦しい瑣末

正規な権利

解読を退る

 

 

「密室の仔」