ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蜜月を整治し

淋しく毟った

埋葬の神聖も

砂は盲信して

 

吐精する羊は

烈しい多感に

追憶の不屈を

抱擁で契った

 

聖戦を密輸し

空しく触った

色彩の万劫も

森は酔筆して

 

披露する峠は

正しい破滅に

福音の対句を

鎮静で屠った

 

 

「難き混沌」