ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


甘い伏線で

秘密の泉が

裡を繁忙し

法式は踊る

 

詩の虎穴は

敬虔な住処

淋しい杭が

回想を迫る

 

深い暗数で

息吹の光が

灰を運算し

音律は熱る

 

個の死生は

枢要な権利

苦しい幸が

聖典を齧る

 

 

「渇く眷属」