ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


角砂糖の隣人

論結に恋する

真摯な背徳が

変異を縋って

 

満懐に哀惜し

永遠が実った

睡たい対立で

貞操を治した

 

螺旋型の口笛

混交に聾する

悲惨な聖祭が

讃歌を抛って

 

暗黒に埋没し

命令が踊った

冷たい認識で

悩乱を燈した

 

 

「トニック」