ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


安産な友が

空費する街

薄き結合に

荒廃を祈る

 

傷口は黙し

冤罪が肥る

烈しき嵐を

変奏しても

 

透明な悪が

夢想する神

辛き水嵩に

望月を辿る

 

名実は抗し

沈濁が迫る

淋しき扉を

崇信しても

 

 

「ダミー」