ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


口紅の熱が

帰納する庭

睡魔は甘く

悲運を踊る

 

詩は臆想し

裡を論ずる

泪の奇蹟に

雨が鈍って

 

六弦の胚が

乱気する骨

明知は遠く

名残を辿る

 

無は嘆息し

罪を禁ずる

柩の浪費に

時が奔って

 

 

「カノン」