ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


乱暴な街に

彩色する嘘

難戦の罪を

偏愛し誇る

 

絵具の汗は

貞潔に弱く

模った恋が

離隔を辿る

 

有限な庭に

共鳴する翅

泡沫の夜を

征服し護る

 

葉風の声は

盲信に聖く

囀った悪が

懸想を踊る

 

 

「変転の景」