ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愉しげな息が

路地裏で熱る

乱暴の名残に

反骨する殻よ

 

弱った悲愴は

胎内で生育し

淋しい怨嗟を

認知して泣く

 

苦しげな罪が

馬小屋で猛る

福音の気配に

心痛する翅よ

 

実った神話は

蒼天で完成し

空しい行方を

敵視して笑む

 

 

「憐れな血」