ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


仔猫は睡った

楽園の毛布で

生贄を祈祷し

完璧に溺れて

 

温厚な福音に

心は鈍化する

熾天使を詠む

暗喩が忠愛し

 

野犬は猛った

真実の牢屋で

神様を違背し

衰亡に怖れて

 

深刻な怨望に

命は誤認する

三日月を弾く

黙示が中絶し

 

 

「聖獣夜曲」