ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


卑屈な筆で

神様は騒ぎ

賢智の肉も

強く溺れた

 

大作の底に

痕が残って

病は空しく

才能を過る

 

気楽な嘘で

真実は亡び

無罪の恋も

甘く穢れた

 

寝室の窓に

星が集って

命は淋しく

結論を渉る 

 

 

「チート」