ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


繊細な詩に

病んだなら

森の祈りも

霧散し還る

 

妖精が焼く

至悪な夢に

緊密の過重

花園を忌む

 

豊満な美に

妬いたなら

空の怒りも

固結し肥る

 

炎天が止む

孤独な裡に

博愛の具象

死神を往く

 

 

「幻の主題」