傘が遍在する

無口な隷属に

甘い嘘泣きは

手毬唄を残す

 

初恋の体温は

泪で遡行して

贅沢な回顧を

心理に彩った

 

虹が独立する

嘆美な革命に

薄い微笑みは

花言葉を宿す

 

有限の神様は

瞳で慰霊して

鮮烈な黙示を

悪夢に葬った

 

 

「イェット」