夏の尊厳に

薄弱が干る

光彩は強く

宗教を語る

 

無闇な熱が

盲愛で導き

若い終極は

微かに燈る

 

花の感性に

祝福が縒る

亡骸は巧く

状況を煽る

 

健気な蜜が

天啓で慰み

聖い執着は

密かに悟る

 

 

「ルイン」