ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


殺人鬼は睡る

強く安穏して

海底の言葉に

祝福を辿って

 

欠陥は親しく

天命も忘れる

無闇な満月を

気儘に連れる

 

地縛霊は踊る

淡く高揚して

楽園の音色に

感触を量って

 

失敗は優しく

聖痕も薄れる

健気な初花を

一途に触れる

 

 

「多幸な穢れ」