ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


硝子の羊は

獣に襲われ

綿密な肉が

強く熱った

 

骨の芯まで

煌く造りは

生命讃美を

顕在してた

 

夢想の菫は

嵐に穢され

幻惑な蜜が

弱く薫った

 

種の毒さえ

貴む祈りは

心理演算を

完結してた

 

 

「クライ」