読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


硝子の灰皿に

炭酸水注げば

新鮮な星々が

会話を始める

 

毒炎を悼んで

闇に懐古する

短命の美学は

糖液と融ける

 

昨日の恋文に

風船玉結べど

健全な青空が

詩題を歪める

 

音韻を背いて

鳥に辞別する

天国の小径は

黄昏と灼ける

 

 

「烟る君に」