ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


月詠んで

紫煙が薫る

里は安寧に

恥辱を迫る

 

穴の聾唖が

不感に導き

翅を穢して

手毬は遊ぶ

 

俄雨泣いて

眩暈が過る

恋は暴悪に

非情を猛る

 

淵の魔物が

地獄に嘖み

鬼を祓って

膿血は喘ぐ

 

 

「春の毒」