ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


悪き妄想に

存在する君

囁く詩篇

恋で溢れる

 

唇の愁いも

舌で呪われ

幻肢が悟る

上品な滅亡

 

深き花園に

泡沫する僕

佇む美景は

雨で潰れる

 

魂の写しも

熱で燈され

季節が薫る

凶暴な永遠

 

 

「センス」