ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


夜の余韻が

舌で蕩けて

淡い生花に

理由を鎖す

 

星が語った

美神の嘘は

結べぬ恋を

冷酷に編む

 

雨の思想が

肌で砕けて

熱い音色に

季節を離す

 

蛆が護った

屍骸の国は

滅べぬ露を

切実に富む

 

 

「甘い銃弾」