ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


雨の靴音に

焦燥を憶え

気弱な窓は

自傷が続く

 

歪んだ円を

盲信してる

心は育って

思想に至る

 

神の好物に

隣人を捧げ

多剤な罪は

依存が恵む

 

択んだ嘘を

溺愛してる

命は廻って

因子に宿す

 

 

「狂う密室」