ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


図書の檻で

叡智を殺し

褪せた骸は

配列させる

 

悪い娯楽に

古き犠牲者

全て奪って

墓標を望む

 

文字の熱で

苦悩を燈し

熟れた瞳は

判然してる

 

碧い夜空に

聖き地獄図

全て悟って

憂世を恵む

 

 

「読本症」