ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


粘つく哲学は

悪魔の論理だ

地獄で唱えて

楽園と信ずる

 

膣の歯並びに

狂人は恐れる

恋を甘く噛む

寵愛も知らず

 

警鐘の響いた

脳髄を悼めば

構造に反した

錯覚が微笑む

 

思想は分裂し

君の指で編む

融けた罪悪が

僕を星に成す

 

 

宇宙神話」