ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


雨の予報で

厭世が満ち

攫った娘を

気丈に殴る

 

青痣舐めて

熱は乏しく

愛の夢想を

何度も囁く

 

春の絵画は

永遠に消え

残った心で

子宮を憎む

 

生贄焼いて

恋は貧しく

肉の舞踏で

星座が嘯く

 

 

「暴力器官」