ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕の鍵穴は

誰も択ばず

温かい雨で

敗血してる

 

恋は逆しま

心臓の隣に

秘匿と註す

扉が在るの

 

深い孤独は

高潔と成り

青色の烏が

幸福を漁る

 

自由は軽率

命に羞恥を

蟲食む儘な

嘘の芸術よ

 

 

「新生神話」