ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


「ベニー」より

息子の退屈が

記録した悪に

冷たい汗だけ

背広を覆った

 

穢れた部品に

少女を捌いて

嘔吐が迫れば

正義は震えた

 

罪深い廃棄も

狂気に届かず

古びた手首を

刻んで堪えた

 

愛する家庭は

奇跡の全てだ

もう直ぐ帰る

幸福が護れる

 

 

「Re:ベニー」