僕の地獄で

雨傘が咲く

病も隠して

助かる故に

 

寒空落ちた

錯覚を観る

旋律の網で

仄暗いから

 

君の憂世で

初恋は干る

鏡と結んで

歪める儘に

 

妖精舞った

胎内に妬く

断絶の匣で

心無いから

 

 

「若き幻肢」