ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


君は天動説だ

神秘的に睡る

惑星なる僕が

軌道上で泣く

 

望めぬ断絶に

感傷を宿せば

奇跡の共鳴で

銀河は恋する

 

君は幸福論だ

死生観に還る

運命なる僕が

絶対性で編む

 

正せぬ核心に

哲学を連ねど

真理の暴悪で

悲劇は征する

 

 

「概念の愛」