ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


君の証明に

脳を捧げて

何れ数式は

詩篇と成る

 

切実な嘘は

机上に蘇り

淡い約束を

仮定で結ぶ

 

致死量の生

唄う抗鬱剤

野蛮な演算

美しき空論

 

不正な幻を

理学が顕し

僕の帰結で

命は瞬いた

 

 

「観念の旋律」