ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


深層で咲いた

七束の向日葵

気紛れな輪郭

照り返す存在

 

右頬を撫でた

真夏の置手紙

強がりな憂愁

退化する太陽

 

氷菓が蕩けた

退廃の讃美歌

我が儘な体温

呼び戻す疾病

 

目蓋に萌した

愛慕の蜃気楼

理屈屋な真実

肥大する切望

 

 

「死恋の季節」