ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


水面に縋る

太った金魚

赤い尾鰭も

淡く汚れる

 

僕の愉悦が

提灯追って

汗ばむ雄に

風鈴は鳴く

 

骨子露わな

お古の団扇

空く穴凹は

恥を重ねる

 

君の浴衣に

乱れて恋し

盛夏な胸で

花火が響く

 

 

「宵の盆」