ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


煙草の死灰が

鱗粉と成れど

痩せた指先で

存在に負けた

 

火傷した唇に

色香を醸せば

僕の感受性は

精巧と云うの

 

有毒なる蝶が

月へ上る前に

世界中の窓を

閉鎖して廻る

 

手摺を離れて

必死で羽搏く

美しい哲学に

讃えるが善い

 

 

「詩情の翅」