ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


原罪が燃え

煙る部屋で

打鍵の音は

亡霊を屠る

 

正気を憎み

奇跡と別れ

酷く不幸な

詩情に罹る

 

常に恥じて

傷つき妬み

虎の言葉で

芸術を語る

 

空と季節は

輪廻を急ぎ

残った瞳が

幽かに光る

 

 

「負け猫」