ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


白紙を恐れ

育む落書き

苦し紛れに

文学と云う

 

道端のゴミ

黒い排ガス

醜さを問う

僕は美術家

 

綺麗な色に

何が救えた

淡い詩情を

壊して回る

 

泪が出る程

死を望む程

尊く想うよ

君は暗がり

 

 

「ジャンク」