ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死した洋服

纏って歩く

終末の鐘を

響かす為に

 

失敗が残る

喉を絞って

啓示の心に

旋律合わす

 

大過の雨が

正気を与え

邪悪な街は

浄化に至る

 

光景舐めた

無益な僕に

泪も惜しみ

引鉄を弾く

 

 

「処刑囚」