ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鳥は羽搏く

獣は駆ける

魚は潜って

草木は育つ

 

永遠の在処

生を辿って

永遠の在処

祝福すべき

 

人は無力に

音色の風を

天国嗜好な

鼻唄とする

 

求む僕らに

銀河が咽ぶ

時の停止は

酷く美しい

 

 

「永遠の在処」